SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

リオ五輪:国内調整組が、最終合宿地へ出発

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

7/18:国内合宿を行っていたリオ五輪競泳日本代表の17選手が最終合宿が行われるブラジル・サンパウロに向け出発したとのこと。

16歳の池江璃花子選手は「体力が不安だが頑張りたい。しっかり追い込んで練習し、自己ベストを狙いたい」と。
長谷川涼香選手は「いい記録を出したのがプレッシャーにもなっている。自分の泳ぎをして決勝に進むことが目標で、メダルを狙いたい」。
入江陵介選手は「3回目のオリンピックなので落ち着いているし、自分に集中できている。納得する泳ぎをして、終わったときに自分に『頑張ったね』と言えるようにしたい」。

・「池江&長谷川が出発 サンパウロで28日まで合宿 - 競泳 : 日刊スポーツ

長谷川涼香選手は「オリンピックはそこまで甘くない。まずは決勝に進出して、運良くメダルが取れれば」と。