SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

リオ五輪:日本代表リオで初練習。「リオのプールは低温?」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

7/25:リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表が、合宿地のサンパウロからリオに移動し、本番用プールに隣接する施設で初練習を行ったとのこと。
 スペイン合宿中の萩野公介選手(東洋大)、星奈津美選手(ミズノ)らを除き、ほとんどの代表選手が参加した。
 水温は、日本の平均的なプールよりも低い模様。

瀬戸大也選手(JSS毛呂山)は「いい準備ができている。会場に来て(気持ちが)燃えたので、水温は気にならなかった」と。代表は7/26にサンパウロに戻り、多くの選手が7/29に再びリオ入りする。

瀬戸大也選手(22・JSS毛呂山)は選手村について「食事もおいしいし、トイレの水も流れるし、ベッドの硬さも問題ない」と。
金藤理絵選手(27・Jaked)はロンドン五輪銅メダリストのユリア・エフィモワ選手(ロシア)がドーピング問題の影響で出場しなくなったことについて「エフィモワがいなかったから良かった、と言われるような結果だけは残したくない」と

瀬戸選手は「(表彰台の)一番高い所に上っているイメージが少しずつ湧いてきた」と。
金藤理絵選手は「世界新も目指すが、それよりも金メダルを取りたい」とエフィモワ選手(ロシア)の欠場については「私ができることは変わらない」と。
池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)は「目標を高く上げ過ぎても自分にプレッシャーをかけてしまう。とりあえず決勝進出を」と。

・「露ライバル消える…金藤「やること変わらない」 - BIGLOBEニュース