SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

リオ五輪:日本代表高地合宿を公開

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

7/12:競泳のリオデジャネイロ五輪日本代表がスペイン・グラナダでの高地合宿を公開したとのこと。
スペイン南部のグラナダから車で1時間。標高2320メートルのシエラネバダにある国立のスポーツ施設でトレーニングを行っている。

7/13:今井月選手(15・豊川高)は「泳げないぐらい(合宿は)きついと思っていた。結構楽しくできている」と。
 合宿中は渡部香生子選手(JSS立石)の泳ぎに学びつつ、課題の背泳ぎについては萩野公介選手(東洋大)からも助言を受ける。「どんな感じかな、という不安もあるけど、マイペースで周りに惑わされずに楽しみたい」と。

7/12:星奈津美選手(ミズノ)は「練習は本当に充実している」と。
「残っている時間できっちりやれれば大丈夫」。

7/12:萩野公介選手は「きついけど、強い気持ちを持っていいトレーニングができている」と。
個人メドレー2種目で今季世界ランキング1位として五輪を迎えるが「ランクは関係ない。本番で誰よりも力を出し切ることが大事」と。