SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

リオ五輪:豪州競泳選手(パーマー選手とマーキオン選手)夜遊びで閉会式への出席禁止の処分

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

8/20:リオ五輪、豪州代表のの競泳金メダリストら選手2人が、リオデジャネイロの選手村から観光名所コパカバーナへ夜遊びに出かけた際にチームの規則を破ったとして、オーストラリア・オリンピック委員会から閉会式への出席禁止の処分を受けたとのこと。

 パーマー選手(25)と女子400mリレーの金など4つのメダルを獲得したエマ・マーキオン選手(22)。

 1人で飲み続けたパーマー選手は強盗に脅され、現金自動預払機(ATM)で現金を引き出させられる被害にも遭ったという。また、マーキオン選手は1人で選手村に帰るのを避けるため友人と居残ったが、チームの管理責任者に居場所を連絡しなかったという。