SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

東京五輪・パラ:東京・五輪パラの開閉会式は「起承転結」で構成 #tokyo2020

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

9/20:東京オリンピック・パラリンピックの開会式と閉会式の演出について、大会の組織委員会は、合わせて4つの式典を一連ととらえ、『起承転結』として構成していく方針を示した。
また、開会式と閉会式の演出を担当する監督については公募せず、早ければ年内にも決めるとのこと。

具体的には

  • 『起』とするオリンピックの開会式は、「国内外から注目度が最も高い式典であり、日本の文化や歴史をひもとくとともに、復興支援への感謝を伝え、世界各地の被災者を励ます」
  • 『承』とするオリンピックの閉会式は「競技を終えたアスリートの健闘をたたえ、観客も巻き込んで会場を一体化し、熱気や興奮をパラリンピックに引き継ぐ」
  • 『転』とするパラリンピックの開会式は「2度目の夏のパラリンピックを開催する史上初の都市として、共生社会を目指すことを世界に伝えるとともに、障害という個性について新しい可能性を探る」としています。
  • 『結』とするパラリンピックの閉会式は「東京大会を締めくくるものであり、障害があるかないかや、人種、性別にかかわらず、互いに認め合い、一つになる姿を描く」