東京五輪:新国立競技場、五輪後に改修し22年にも球技専用へ #tokyo2020

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2017/11/13:政府は2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の後利用に関し、球技専用に改修した上で22年後半以降の使用開始を目指すことを盛り込んだ基本方針をまとめた

政府が2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の後利用に関し、球技専用に改修した上で22年後半以降の使用開始を目指すことを盛り込んだ基本方針をまとめたとのこと。

14日の関係閣僚会議で正式に決定し、詳細を検討する。

 スポーツ庁でまとめた案では、運営権を民間に売却する「コンセッション方式」導入の可能性を探った上で、19年に民営化の枠組みを決定。20年秋をめどに運営に携わる事業者を選定する。契約期間は10〜30年を想定する。収入確保のため、日本スポーツ振興センター(JSC)が管理する国立代々木競技場など周辺施設と連携して運営することや命名権(ネーミングライツ)も検討する。