ポルトガル水泳連盟が長崎県内を視察

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2017/11/21:ポルトガル水泳連盟の会長等3名が、2020年東京五輪(特集)の事前キャンプの誘致活動が進められている長崎県を視察したとのこと。

ポルトガル水泳連盟のアントニオ・シルヴァ会長ら3人は里見副知事からポルトガルとの交流の歴史を話し、練習会場の長崎市民総合プールは環境が整っているとアピールしたとのこと。

ポルトガル水泳連盟は毎年1か月ほどの強化合宿を検討していてるとのこと。