湯の丸からセンターポールに日の丸を

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2017/12/17:2020年東京五輪(特集)に向け、長野県東御市で整備が続いている「湯の丸高原高地トレーニング施設」の紹介記事「湯の丸からセンターポールに日の丸を」が掲載されています。

トラックに隣接して建てられるのが、水泳ニッポンの「虎の穴」、国内初の50メートル高地プールだ。
=中略=
 「仮設」とはいえ、国際大会も開催可能な8レーンの本格的プール。プールだけの建設費が6億円、20年までの期間限定だが、維持費は年間5000万円かかる。これを賄うのが「ふるさと納税」と「企業版ふるさと納税」。花岡利夫市長(66)は「大丈夫。手応えはあります。必ず完成させます」と自信を見せる。
=中略=
◇国設プール 仮設プールが成功して国への要望が通れば、常設施設が建設される可能性も。宿泊施設の湯の丸高原荘に隣接し、50メートルプールと飛び込み用25メートルプールの恒久施設建設が予定されている。