東京五輪:チケット概要を発表。競泳は5800円〜10万8000円 #tokyo2020

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/7/20:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、東京2020大会のチケット販売の概要を発表したとのこと。

発売は2019年春を予定。
開会式と閉会式は最高30万円程度になる。

  • チケットを購入するには、TOKYO 2020 IDの登録が必要。「TOKYO 2020 ID|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
  • 【チケット販売方法(日本国内)】東京2020大会公式チケット販売サイトを通じて販売するとともに、2020年にはチケット販売所を通じた販売も行う予定。東京2020組織委員会が指定する販売事業者が販売する場合があります。
  • 【チケット発売開始は】2019年春を予定
  • 【チケットの特徴】・開閉会式のチケット価格は、12,000円〜最高価格が300,000。競技の一般チケット価格のは、2,500円〜最高価格が130,000。・チケット全体の半分以上が、8,000円以下で購入可能・2,020円の企画チケットを設定・オリンピック・パラリンピック合わせて、100万人以上の規模の学校連携観戦プログラムを実施・車いすユーザー向けチケットの実施・ホスピタリティプログラムの実施(一般チケットとは別に、人気の高い競技を中心に、競技会場内での飲食サービスなどの付加価値をつけて販売するホスピタリティプログラムを実施予定)
  • 【水泳競技のチケット価格】(競泳)5,800円〜108,000円、(飛込)3,500円〜30,500円、(アーティスティックスイミング) 4,000円〜45,000円、(水球) 3,000円〜18,000円、(マラソンスイミング) 3,500円〜5,500円

・「観戦チケット|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会