【2019年度日本水泳選手権兼光州世界水泳選手権日本代表選考会(Japan swim2019)】東京辰巳国際水泳場・2019/4/2〜8|公式HP特集チケット情報|テレビ放送予定|競技日程・スケジュール派遣標準記録第1日目(4/2)第2日目(4/3)第3日目(4/4)第4日目(4/5)第5日目(4/6)第6日目(4/7)第7日目(4/8)

東京五輪:東京オリンピック開催まであと540日 チケット入手の疑問を解消! #tokyo2020

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/1/31:FNN系「めざましテレビ」で放送された「東京オリンピック開催まであと540日 チケット入手の疑問を解消!」をまとめた記事が掲載されています。

  • チケットは、日本国内においては2019年4月以降から始まるが、抽選に申し込むためにはIDの登録が必要となる。
  • 4月以降にスタートする「公式チケット販売サイト」にIDとパスワードを入力し、氏名などの個人情報や観戦したい競技や席の種類、希望枚数を選択すると抽選の申し込みが完了する。
  • 結果は6月14日以降に発表される。
  • まず、水泳・池江璃花子選手を見たいという女性。競泳の決勝は男女とも最も高いA席で10万8000円、次のB席は7万2000円、C席は3万6500円、最も安いD席は1万1800円となる。
  • 次にバドミントンの桃田賢斗選手の試合を見たいという学生。バドミントンの決勝は最も高いA席が4万5000円、B席は3万6000円、C席は1万7500円、最も安いD席は8000円となる。
  • ちなみに、男子マラソンや近代五種など9つの競技が2500円でチケットを購入することができる。
  • 一方、チケットに関して、当日行けなくなった場合、「ネット上でチケット利用者の名前を変更すれば、家族や知人などに譲渡することが可能」だという。また、観戦できなくなった公式チケットを定価で譲ることができる「リセールサービス」も発表された。
  • 「インターネットなどが繋がっていない場合はどうすればいいの?」という疑問。こちらも組織委員会に聞いたところ、「インターネットが使える環境にない人は、2020年春以降に予定されている窓口販売でチケットの購入が可能」になる
  • 公式スポンサーとなっている3つの旅行会社が主催する公式ツアーを利用して人気の競技を観戦することも可能だという。

・「東京五輪:チケットの発売について発表。競泳の決勝は1万1800円〜10万8千円。開会式は最高30万円 #tokyo2020 - SWIMMING VIEW

・「東京五輪:競泳競技の日程発表。競泳は2020年7月25日〜8月2日まで #tokyo2020 - SWIMMING VIEW