練習用仮設プールを共用へ=東京五輪と世界水泳、組織委が連携

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/8/1:2020年東京五輪・パラリンピックと21年世界水泳選手権福岡大会の組織委員会は、両大会の成功へ向けて協定を締結し、東京大会で使う競泳、アーティスティックスイミング、水球の練習用仮設プールを世界水泳でも使用することにしたとのこと。

 
 三つの練習用仮設プールは東京大会終了後に解体し、世界水泳福岡大会で再び組み立てる。東京大会組織委によると、施設を共用することでリース料が下がり、開催経費を減らせるという。
 このほか、大会準備や運営に関するノウハウを共有し、人事交流や広報・PR活動でも連携する。

・「福岡の21年世界水泳で五輪練習プールを再活用  森喜朗会長「素晴らしい効力を発揮する」 - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)