2020年東京五輪:競泳日本代表、派遣標準記録が発表される

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/9/16:日本水泳連盟は2020年東京五輪(オリンピックアクアティクスセンター|2020/7/25~2020/8/2)の派遣標準記録を発表した。

選考は、2020年度日本選手権(2020/4/1〜8|オリンピックアクアティクスセンター)の決勝で、日本水連が定めた派遣標準記録をクリアした上位2人を代表に内定する。

 
派遣標準記録は、19年世界選手権の決勝進出ラインとした。200メートルまでの種目は準決勝全体の8番目、400メートル以上の種目は予選全体の8番目のタイムをそのまま適用する。女子200メートルバタフライと同400メートル個人メドレーは、派遣標準記録=同選手権決勝進出ラインが、国際水連(FINA)が定めた五輪参加標準記録よりもタイムが遅いため、よりレベルが高い五輪参加標準記録を適用する。

 
日本水連の青木剛会長は「(16年)リオ五輪前後から派遣標準記録と現状にずれが出る種目が出てきた」と説明した。平井伯昌競泳委員長も「日本選手権で惜しくも選ばれなかった選手が(追加選考で選出されて)実際に(世界選手権の)決勝に残るようなケースも出てきていた。選考と実際の(決勝進出ラインの)記録が異なる場合があるので、実際の大会の記録をつかったほうがいいのではないか、ということです」と話した。

・「東京五輪競泳、日本選手権で一発選考 基準は従来通り - スポーツ - SANSPO.COM(サンスポ)

・「【競泳】2020東京五輪・派遣標準記録発表 - ベースボール・マガジン社WEB

東京五輪2020 競泳派遣標準記録Ⅱ

【男子50m自由形】  21.77
【男子100m自由形】 48.33
【男子200m自由形】 1:45.76
【男子400m自由形】 3:46.34
【男子800m自由形】 7:48.12
【男子1500m自由形】 14:55.06
【男子100m背泳ぎ】 53.40
【男子200m背泳ぎ】 1:57.26
【男子100m平泳ぎ】 59.21
【男子200m平泳ぎ】  2:08.28
【男子100mバタフライ】 51.70
【男子200mバタフライ】 1:56.25
【男子200m個人メドレー】 1:57.98
【男子400m個人メドレー】 4:15.24

【女子50m自由形】 24.46
【女子100m自由形】 53.31
【女子200m自由形】 1:56.82
【女子400m自由形】 4:07.10
【女子800m自由形】 8:29.70
【女子1500m自由形】 16:02.75
【女子100m背泳ぎ】 59.71
【女子200m背泳ぎ】 2:09.40
【女子100m平泳ぎ】 1:06.97
【女子200m平泳ぎ】 2:24.18
【女子100mバタフライ】 57.10
【女子200mバタフライ】 2:08.43
【女子200m個人メドレー】 2:10.49
【女子400m個人メドレー】 4:38.53