東京五輪2020:競泳会場の国旗掲揚台はつり下げ式に

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/11/19:2020年東京オリンピックの水泳会場「東京アクアティクスセンター」の国旗掲揚スタイルが、ポール型ではなく、天井から伸びた水平のバーに国旗を下げる形になること、わかった。

  • 五輪後の継続使用を考えてプールサイドの床に穴を空けるポール型を回避。
  • つり下げ型は、近年の主流
  • 同タイム決着で同じ色のメダリストが2人になっても、対応が容易。
  • 国際水連は国旗掲揚について大画面の映像でもOKとするが、日本は本物の国旗にこだわった。