SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

2016リオネジャネイロ・2020東京オリンピック競技大会に向けて

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

10/24:日本水泳連盟のHPに五輪の目標設定をしました「2016 リオ・2020 東京 オリンピック競技大会に向けて」が公開されています。

2020 年東京五輪での水泳(競泳)の目標

  • ① 複数の金メダル獲得
  • ② メドレーリレーでの金メダル獲得
  • ③ 二桁以上のメダル獲得
  • ④ 自由形種目でのメダル獲得(リレーを含む)
  • ⑤ 29 種目以上決勝進出
  • ⑥ 競泳58 種目フルエントリー

*2015年カザン世界選手権、個人優勝者は2016年リオネジャネイロ五輪出場権利を付与する。
(突破種目に限る。選考会に同種目出場をする必要あり)

  • ① 「日本水泳連盟の2020 年構想」(2011 年に発表)では金メダルランク上位5 位以内目標
    となっている。その為には複数の金メダルは必須。
  • ② メドレーリレーでの金が取れれば史上初。
  • ③ ロンドンの11 個は、アメリカに次ぐ2 番目。
  • ④ 自由形は最も速い泳ぎ。「最も速い泳ぎでメダルを取る」これは意義がある。
  • ⑤ フルエントリー58 種目の半分。これが達成できれば、①~④のメダルの可能性は大きくな
    る。
  • ⑥ この目標が最も難しい。FINA のA 標準を2 名とも(個人種目)突破しなければならない。こ
    のことが実現すれば、日本水泳連盟の派遣標準記録の設定は必要なくなる。(最終目標)