2020東京五輪:水泳、バレーボール会場で計最大200億円の削減検討

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

10/22:2020年東京五輪・パラリンピックの競技会場計画の見直しで、東京都が水泳とバレーボールの会場の整備費について最大で計約200億円削減することを検討していることが分かったとのこと。小池百合子知事は検討結果も踏まえた上で、会場計画に関する結論を出す。

 江東区に建設予定の水泳会場「オリンピック・アクアティクスセンター」の計画上の整備費は683億円だが、本体工事の契約が予定より68億円安かった。これに加え、工事中の警備費、大会後に座席数を減らす工事の見直しなどにより50億〜100億円減らし、最大計170億円を圧縮する方向で検討を進める。

 都の調査チームが会場変更の選択肢として挙げた東京辰巳国際水泳場(同区)拡張案は拡張部分の観客席から競技を見ることが難しいことが判明し、同チームに報告したという。