2020年東京五輪:水泳会場予定地で土壌汚染

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

6/15:東京都は、2020年東京五輪・パラリンピック大会の水泳会場となる五輪水泳センター(江東区)の建設予定地の土壌から、土壌汚染対策法の基準値を超える鉛や水銀が検出されたと発表したとのこと。汚染が確認された土壌は今後、飛散防止対策などを実施して搬出する。

 都の担当者は「地下深く、健康被害の恐れはない。建設や大会準備に遅れが出ないように対応したい」としている。

 建設予定地は都立辰巳の森海浜公園内で、未開園だった部分。センターの建物は19年12月完成を予定している。

・「2020年東京オリンピックの全37競技場一覧 - 2020東京2020.com