SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

福岡世界水泳:分散開催も 東京五輪会場の活用案

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/4/9:東京五輪延期に伴い、日程変更される福岡世界水泳について、開催地福岡市の財政負担軽減のため、一部の種目を福岡県外で行う分散開催案が浮上していることがわかった。

  • 五輪の水泳会場、東京アクアティクスセンターの活用が選択肢となっている。
  • 競泳を福岡市、アーティスティックスイミング(AS)や飛び込みなどを東京で実施や、逆に競泳のみ東京で開催したりと、さまざまなプランの可能性を探っている。
  • 福岡市は130億~140億円と見込む大会予算のうち、約半分を市が負担し、残りを協賛金や入場料収入などで賄う計画だった
  • 延期によって予算は膨らむ見通しで、財政計画の再編が懸案となっている。