SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

JAPAN SWIM 2013:予想会

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

4/3:JAPAN SWIM2013(ジャパンスイム2013、第89回日本選手権水泳競技大会 競泳競技)(2013/4/11~14・長岡ダイエープロビスフェニックスプール)(観戦記「灼熱プールサイド2013:JAPAN SWIM編公式特集バルセロナ日本代表選考基準)を翌週に控えたこの日、都内で大会に向けての予想会が行われたとのこと。

 上野広治・日本水泳連盟競泳委員長は、ロンドン五輪の男子400メートル個人メドレーで銅メダルを獲得し、今大会でも個人メドレー、背泳ぎ、自由形の計6種目にエントリーした萩野公介(東洋大)について「練習を見たが、相当良い状態で仕上がっている。すべての種目で自己ベストを出せるぐらいのレベルだと思う」と太鼓判を押した。萩野は五輪でメダルを獲得したことにより、400メートル個人メドレーでは世界選手権の出場権をすでに得ている。その他の種目でも出場権獲得を狙っており、上野委員長は、背泳ぎで相まみえる入江陵介(イトマン東進)と比較しながら、「高いレベルの争いになると思う。入江を追い抜く手応えをつかみかけているのでは」と。

 また、平泳ぎのドルフィンキックの規制が緩和されるという報道について、同席した佐野和夫・日本水連会長は「FINA(国際水泳連盟)の理事会でディスカッションが行われ、問題ないということで総会に提案されることが決まっただけ。どう判断されるかはまだ分からない」と話すにとどめた。