SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

日本選手権2020を12月に、東京五輪選考会を兼ねた日本選手権2021を2021年4月に開催する方針

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2020/4/14:日本水泳連盟は、テレビ会議による常務理事会を行い、2021年4月初旬に、東京五輪代表選考会を兼ねた日本選手権の開催を目指す方針を固めた。開催期間は8日間を想定している。また、新型コロナウイルスの影響で中止となった2020年4月する予定だったの日本選手権を2020年12月頃に3~4日間で行う方針を決めた。

  • 2020年6月に予定されていたジャパンオープンを2021年2月頃に3~4日間に代替開催する方針とした
  • 3大会いずれも、場所は東京アクアティクスセンターを含め検討する

・「競泳 延期の日本選手権は12月開催を目指す方針 | 水泳 | スポーツブル (スポブル)

  • 瀬戸大也選手(ANA)の個人メドレー2種目の五輪内定維持を正式に決定。
  • 昨夏の世界選手権で内定を得た飛び込み代表勢については、国際水連(FINA)の方針決定後に発表する
  • アーティスティックスイミング(AS)代表は、乾友紀子選手(井村ク)らメンバー8人と補欠2人のまま変更しない。

・「水泳の東京五輪代表選考会、来年4月日本選手権で - 水泳 - 東京オリンピック2020 : 日刊スポーツ