SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

JO春季第2日目の主な結果

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「第31回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季水泳競技大会



・「女子50mバタ、宮本が短水路高校新でV : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



3/28:第31回全国JOCジュニアオリンピックカップ春季大会第2日(東京辰巳国際水泳場・短水路)18歳以下で行われるチャンピオンシップ(CS)の女子50mバタフライで、宮本悠衣選手(藤村SS)が青山綾里さんの記録を10年ぶりに更新する26.33の短水路高校新で優勝したとのこと。



CS男子100m自由形で、伊藤健太選手(イトマン鯱)が48.85で50mに続く短水路高校新で2種目制覇。

CS男子200m個人メドレーは、森洋介選手(御幸ヶ原SS)が7年ぶりに高校記録を塗り替え、400mとともに短水路高校新で2冠。



・「男子100自などで短水路高校新=競泳(時事通信) - Yahoo!ニュース

男女計4種目の短水路高校新記録が樹立された。

男子100mメートル自由形で伊藤健太選手(イトマン鯱、愛知・中京大中京高)が48.85、男子1500mで土井大輔選手(静岡・飛龍高)が14:56.61、男子200m個人メドレーで森洋介選手(御幸ケ原SS、栃木・作新学院高)が1:56.43、女子50mバタフライで宮本悠衣選手(藤村SS、東京・藤村女高)が26.33。