SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

JO第4日目:好記録続々と!

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

8/29:第35回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会第4日(東京辰巳国際水泳場)――18歳以下で行われるチャンピオンシップ(CS)の男子200m平泳ぎで、山口観弘選手(志布志DC)が、北島康介選手(日本コカ・コーラ)の持つ日本記録まで0.06に迫る2:07.57の高校新記録で優勝。世界記録にも0.29差。

男子100m背泳ぎでは、萩野公介選手(御幸ヶ原SS)が、200m背泳ぎに続く53.82の高校新で制した(これまでの記録は入江陵介選手の54.60)。

男子100m自由形では平井健太選手(セントラルスポーツ)が49.49の高校新記録で優勝。これまでの記録は小堀勇気選手の49.51。