SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

JOCジュニア五輪 第4日目・5日目の主な結果

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

8/29:第34回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会第5日:
チャンピオンシップ(CS)では、男子200mバタフライで小堀勇気選手(能美SC)が高校新で優勝。
女子100m自由形は川上真央選手(東京SC)が高校新、女子400m自由形は高野綾選手(イトマン)が大会新でそれぞれ制した。
13~14歳では、女子200mバタフライで志賀珠理奈選手(スウィン大宮)が大会新で優勝。女子400m自由形は樋口恵夢選手(セントラル浦安)が制し、400m個人メドレー、200m自由形との3冠を達成した。

8/28:第34回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季大会第4日:
女子200m自由形で高野綾(イトマン)が、1993年に千葉すず選手が出した記録を0.05更新する1:59.51の高校新記録で優勝した。
 女子200m個人メドレーは寺村美穂選手(セントラル流山)が2:12.77、男子100m平泳ぎは山口観弘選手(志布志DC)が1:00.981のともに高校新記録で制した。