SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

国際水泳連盟、2021年世界水泳招致検討の福岡市を視察

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

12/7:国際水泳連盟(FINA)の関係者が、2021年世界水泳選手権の招致を検討している福岡市を訪れた。博多区のマリンメッセ福岡や福岡国際センターなど、市が各競技の会場として計画する6カ所を視察したとのこと。

 市の計画案が開催条件に合うかどうか助言するのが目的。

視察後、事務総長のコーネル・マルクレスク氏は報道各社の取材に対し「会場となる各施設が近い位置にあることはとても大事だ。市が開催地となれば、01年の成功を上回るだろう」と語ったとか。