SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

2021年世界水泳選手権、福岡開催決定!2023年はドーハに

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

1/31:国際水泳連盟(FINA)の理事会が、ハンガリーのブダペストで開かれ、2021年世界水泳選手権開催地に福岡が決定したとのこと。
福岡での開催は2001年以来20年ぶり2回目となる。

 理事会では、ソウル五輪金メダリストの鈴木大地・スポーツ庁長官や高島宗一郎市長がプレゼンテーション。仮設の施設も使い、会場を半径600メートル程度に集中させるコンパクトな大会にするとアピールしたとか。

・「21年世界水泳、福岡で…マリンメッセ中心に : スポーツ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

・「21年に福岡で世界水泳、20年ぶり開催決まる ― スポニチ Sponichi Annex 水泳
国際水連は31日、ブダペストで理事会を開き、2021年の世界選手権開催地に福岡市を選んだ。日本での開催は同市で行われた01年大会以来、20年ぶり2度目。23年の開催地はドーハに決まった。

日本水連幹部によると、主会場のマリンメッセ福岡で競泳とシンクロナイズドスイミングを実施し、飛び込みは福岡県総合プール、水球は福岡国際センター、オープンウオーターは福岡ボートレース場で行う構想となっているとか。