2019世界水泳選手権を驚かせる!! 韓国水泳で“ウーマンパワー”が上昇中

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/5/26:光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式チケットの購入|2019/7/12〜28|競泳7/21〜7/28)韓国代表の紹介記事「2019世界水泳選手権を驚かせる!! 韓国水泳で“ウーマンパワー”が上昇中」が掲載されています。

 
すでに世界の舞台でも実力を認められている個人メドレーのキム・ソヨン(慶北道庁)はもちろん、背泳ぎのイム・ダソル(牙山市庁)、中~長距離自由形のハン・ダギョン(全北体育会)も注目されている。

 
国際水泳連盟(FINA)の基準記録を通過した選手は、世界選手権の直行チケットを確保することができる。今回の選抜戦では計5回、基準記録を上回ったのだが、キム・ソヨンとイム・ダソルがそれぞれ2種目で成し遂げ、男子選手では200m平泳ぎのチョ・ソンジェだけだった。

 
さらにイム・ダソルとハン・ダギョンは、それぞれ2種目で韓国記録を塗り替えた。イム・ダソルは100m背泳ぎ(1分00秒44)と200m背泳ぎ(2分09秒49)。ハン・ダギョンは800m自由形(8分39秒06)と1500m自由形(16分32秒65)で韓国新記録を樹立した。