光州世界水泳:総括、日本選手団帰国

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/7/29:光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式チケットの購入|2019/7/12〜28|競泳7/21〜7/28)競泳日本代表が帰国したとのこと。

瀬戸大也選手は「一年一年積み上げてきたものを成果として出せた」
東京五輪代表内定について「気持ちはさらに落ち着いている。思い切ったトレーニングができる」と。
今後、400m個人メドレーを中心にトレーニングを行い「やるべきことはやり尽くして東京五輪のスタート台に立ちたい」と。

・「2冠の瀬戸「まだ通過点」=競泳日本代表が帰国-世界水泳:時事ドットコム

・「競泳の瀬戸が帰国「五輪まで頑張ろうと思えた」 : スポーツ : 読売新聞オンライン

・「帰国の瀬戸大也「任せてもらえたら」五輪も主将意欲 - 水泳 : 日刊スポーツ

・「水泳:世界選手権 競泳総括 若手伸び悩み課題 目標達成のメダル6、いずれも社会人 - 毎日新聞

・「日本新は1つのみ、若手の育成進まず危機感 世界水泳総括  :日本経済新聞
「若手の強化は常に努力しているつもりだが、追いついてないのが現状」と平井監督。

・「日本競泳陣に収穫、危機感も=金2を含むメダル6個-世界水泳:時事ドットコム

・「競泳:韓国新記録5つ出るもすべて予選落ち=光州世界水泳選手権-Chosun online 朝鮮日報

韓国の競泳選手たちは計42種目に29人が出場した。しかし、キム・ソヨンが個人メドレー200メートルで唯一、決勝に上がり、6位を記録したにとどまった。韓国は5つの韓国新記録を出したが、すべて予選落ちとなった。それほど世界の壁は高かった。

 韓国の唯一のメダルは飛び込みから生まれた。キム・スジ(21)は、女子1メートル飛び板飛び込みで韓国の飛び込み選手としては初めて世界選手権でメダル(銅)を獲得した。

 
大韓水泳連盟は世界で恥をかいた。スポンサー企業の決定が遅れ、飛び込みの選手たちが「KOREA」と書かれたユニホームを着られない事態となったり、オープンウォーター競技で規定に反する水泳帽を支給し、試合の30分前になって臨時の水泳帽をバイク便で運んだりした。

 
 今大会の話題の一つは「孫楊批判」だった。=略=だが、孫楊は金メダルで歓声を浴びる代わりにほかの選手たちからそっぽを向かれた。=略=孫楊との記念撮影や表彰台に一緒に立つことを拒否した。2014年から「ドーピング疑惑」がささやかれている孫楊の実力を正当なものだと見ていないからだ。
 国際水泳連盟(FINA)は、授賞式や記者会見などで他選手に対して不適切な行動を取ることはできないとする行動規範を作っている。しかし、英競泳界のスター選手、アダム・ピーティー(24)は「選手たちの声を高めるため、労働組合を作ることも考えるべきだ」と反発している。

・「世界水泳韓国大会出場のハンガリー選手、セクハラ容疑で逮捕 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

2019/7/28:韓国警察は光州世界水水泳に出場していた男子ハンガリー代表のタマーシュ・ケンデレシ選手(Tamas Kenderesi)を、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)の容疑で逮捕したとのこと。同選手は出国を禁止されている。
ケンデレシ選手は2016年リオ五輪男子200mバタフライで銅メダルを獲得している。