混合リレーの個人記録公認せず

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2018/12/14:日本水泳連盟は、杭州世界水泳選手権(25m)(2018/12/11〜16|中国・杭州|公式日本代表)で行われた混合リレーで日本の第1泳者が出したタイムについて、個人種目の記録としては認めないと発表したとのこと。

 12/12に行われた混合200メートルリレーの中村克選手(イトマン東進)が男子50m自由形、12/13の男子200mメドレーリレーの竹村幸選手(イトマン)が女子50m背泳ぎで短水路日本記録をそれぞれ上回るタイムで泳いだが、競技規則では混合リレーの第1泳者の記録は公認されないと規定されていることから、当初の発表を取り消したとのこと。