SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

抵抗小さい水中姿勢 競泳・平泳ぎ お家芸の強み

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

お家芸と呼ばれている「平泳ぎ」。何故、日本選手が活躍出来るのかを分析した記事「抵抗小さい水中姿勢 競泳・平泳ぎ お家芸の強み」が掲載されています。

 効率の良い平泳ぎが基本として身についているのは「世界一になった北島というモデルが当たり前にあることが大きい」と奥野総監督はいう。流線形の水中姿勢に優れた北島さんは加速の回数=ストローク数は少なくても、スピードで劣らなかった。加えてキックが強いため、ターンのたびに相手を引き離せた。手本に恵まれ、「速く泳ぐならこれは当然という前提、初期値が高い」と奥野総監督。基本に忠実で、理にかなった泳ぎが以降の世代にもしっかりと引き継がれている。