SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

第4次インターナショナル合宿:選手コメント(2)

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 


瀬戸大也選手:「最近調子が上がって来ていい練習が出来ている。五輪も狙える位置にいるので、しっかり練習して臨みたい。ずっと年末年始泳ぎ込んでかなり持久力はついた。スピードも徐々に上がって来ている。目標とする選手は、まずは堀畑選手。」

萩野公介選手:「バタフライを楽に入れるようにバタフライのトレーニングを多く取り入れたが、基本的にはIMを中心に背泳ぎの練習をしている。オリンピックに向けて、徐々に周りの雰囲気も変わって来ている。でも楽しみながらやるというスタンスは変わらない。4年前の北京五輪は”いちお客さん”だった。4月には練習で培って来たものを発揮して、まずは代表を目指したい。そしてまずは体調管理!」

渡部香生子選手:「泳ぎの良い悪いの波があるので、しっかり良い泳ぎで練習出来るように注意したい。泳ぎに関しては身体が沈まないように心がけたい。来週の日本短水路選手権はJOに出場しなければ、中学最後の試合。しっかりと頑張って、4月に繋げたい。」

渡部香生子選手が、ロンドン五輪の会場で行われるイギリス選手権兼ロンドン五輪代表選考会(3/3~10)に出場することが明らかになったとのこと。

渡部選手の出場する、イギリス選手権兼ロンドン五輪代表選考会には渡部選手の他に3選手が参加の意思を示したとのこと。

 渡部選手を指導する麻績(おみ)隆二コーチは「僕の中では4月にピークをということでは練習(計画)は立てない。通過点というスタンス」と。

平井伯昌ヘッドコーチ(48=東京スイミングセンター)が、ロンドン五輪女子400mメドレーリレーでのメダル奪取を命題に掲げたとのこと。
「メドレーでメダル取るには僕のチームがレベルアップできるか」と。寺川綾選手(背泳ぎ)、加藤ゆか選手(バタフライ)、上田春佳選手(自由形)がリレーの主戦力。各自が先月末の東京都選手権で自己ベストを出すなど好調だ。
2000年シドニー大会で銅メダル後、アテネは5位、北京は6位。
2/14に米国での高地合宿に出発するとのこと。