SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

異例の会社員スイマー甲斐耕輔、北の大地から世界へ

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/3/18:男子100m自由形で2018年度日本ランキング8位に入った甲斐耕輔選手の紹介記事が掲載されています。

 
4度目の挑戦となる日本最高峰の舞台に、甲斐はこれまで以上の覚悟を持って臨む。「(目標は)日本代表というよりも、過去の自分に勝ちたい。(100メートル自由形で)48秒台を視野に入れたい」。昨年の日本選手権決勝で48秒台を記録したのは3人のみ。自己記録を更新することは、結果的に日本代表にもつながる。