SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

世界水泳200自「銀」松元克央、「雑魚」から金カツオに!…地元では一番、名門入ったら勝てず「必死に食らいついた」。年内最終戦は200m個人メドレーと100mバタフライに出場

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2019/12/14:松元克央選手の紹介記事「世界水泳200自「銀」松元克央、「雑魚」から金カツオに!…地元では一番、名門入ったら勝てず「必死に食らいついた」」が掲載されています。

  • 銀メダルを獲得した光州世界水泳選手権2019(韓国・光州:公式チケットの購入|2019/7/12〜28|競泳7/21〜7/28)の男子200m自由形について「すごく緊張したけど自信はあった。日本人の自由形でのイメージをなくしたかった。戦おうと本気で目指したら、戦えると証明したかった。ただメダルを取りたい一心だった」
  • 鈴木陽二コーチ(69)は何より「きつい練習から決して逃げない」という姿勢を評価する。
  • 金町SCからセントラルへの移籍について「僕は結構持ち上げられていたんですよ。金町SCでは“すごい人”って感じで、練習でも一番強かった。で、セントラルに来た瞬間、もう“雑魚”です。練習でも何も勝てない。何にもできなかった」
  • 「世界水泳でメダル取る人に、逃げる人ってまずいない。逃げてる時間はない。目標をかなえたいのなら、逃げずに頑張るしかないんです」
  • 鈴木コーチは、「メダルを取れて、さらにそれ以上を目指すようになった。それが一番変わった点。今までなら頂点を目指すとか、とてもじゃないけど自分で言わなかった。もともとスポーツは頂点を目指すのが一番いいところ。やはり五輪の金メダルは特別だと思うからね」

・「松元克央が気分転換で今年最後の「締めガツオ」 - 水泳 : 日刊スポーツ

  • 2019/12/15:千葉県ジュニア兼ディスタンス大会(千葉県国際水泳場)に松元克央選手が出場。
  • 男子200m個人メドレーで2:06.28、男子100mバタフライ53.34で1位。