SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

【私の失敗(1)】鈴木大地、女子中学生に負け引退決意

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

鈴木大地日本水泳連盟会長の引退秘話が語られた「【私の失敗(1)】鈴木大地、女子中学生に負け引退決意」が掲載されています。

 水泳人生で最大のショックだった。バルセロナ五輪イヤーの1992年。五輪代表選手選考会に向けて千葉の館山で合宿中、練習とはいえ、女子中学生の稲田法子選手(2003年世界選手権女子背泳ぎ50メートル3位)に50メートル背泳ぎで負けてしまった。

 「もう泳ぐのをやめようと思います」

 合宿が終わる前に、11歳から指導を受けてきた鈴木陽二コーチに引退する考えを伝えた。心のどこかでは大丈夫だと言ってくれる、引き留めてくれる、と思っていたが、すんなり了承された。それほど調子を落としていたということだろう。