SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

アスリートを社員にいかが?JOCと経済界お見合い作戦

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

・「asahi.com(朝日新聞社):アスリートを社員にいかが?JOCと経済界お見合い作戦 - スポーツ

10/14:就職を希望するトップアスリートと企業の「お見合い作戦」が始まった。経済同友会は14日、日本オリンピック委員会(JOC)の依頼を受け東京都内で説明会を開いたとのこと。

 JOCは、不況で雇用先が見つからない11競技31選手のエントリーシートを配布。参加した43社は選手が希望する勤務形態などを検討し、条件が合えば「結婚」を決める。

 昨年の世界水泳選手権男子背泳ぎで優勝しながら、所属が決まらなかった古賀淳也選手(スウィン埼玉)は「恩返ししたいと思うからこそ競技に打ち込める。企業に所属できれば」と。