ソープ氏、「放心状態」で通報される

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

2/3:地元メディアによると、「放心状態」で徘徊(はいかい)していたイアン・ソープ氏(31歳)を警察が保護し、病院に移送した。が報じたとのこと。

 豪テン・ニュース(Ten News)の報道によると、午前3時(現地時間)ごろ、シドニー南部郊外のパナニア(Panania)の通りを徘徊しているところを発見され、病院に運ばれた。ソープ氏は先月末に続き、この2週間で二度病院に運ばれている。

 ソープ氏は先週、うつ病とアルコール依存症の治療で入院したと報じられたが、関係者はこれを否定している。ソープ氏をマネージメントするスポーツ・アンド・エンターテインメント社(Sports & Entertainment Limited)は、五輪で通算5回金メダルを獲得しているソープ氏は、肩の手術のために入院していたとしている。

・大丈夫だろうか...