ソープ氏、心の病気は「10代から」 苦しむ若者にエール

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

2/18:イアン・ソープ氏が、うつ病に苦しめられた過去について語り、10代の頃から心の問題を抱えていたと明かしたとのこと。

 33歳のソープ氏は、以前の自分は周囲に対して問題を隠していたと認めたものの、現在は、子どもの精神疾患に関する意識を高める団体「Young Minds Matter」の一員として活動しているとか。

 ブログの中で、ソープ氏は「引きこもったり、自分の世界に閉じこもったり」したこともあったと回想すると、若年層に向けて、心の問題を理解し、それに立ち向かうよう訴えかけた。

「もしあなたが病気に負けて、これが現実だと受け入れてしまったら、うつ状態になるだけでなく、暗い考え方しかできない人間になってしまう」

・「How I Breathe While Swimming Through Depression | Ian Thorpe OAM