SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ドーピング疑惑のI・ソープ氏に潔白の結論

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

8/31:オーストラリア反ドーピング機構が、昨年引退した、I・ソープ氏は潔白だったとの結論を下したこととのこと。
オーストラリア反ドーピング機関(ASADA)では、ソープが現役選手だった昨年に行われた無作為ドーピング検査で、複数のホルモンについて異常に高い数値が検出されたのを受け、調査を行っていた。
メルボルンで記者会見を開いたASADAは、ソープがドーピング違反を犯したことを示すものはなかったとした。
ASADA Media Release - 31 Aug 2007: Thorpe cleared
Thorpe Cleared in AUS, Case Still Open
ソープ氏の薬物疑惑 ASADAが潔白の結論
ASADAのスタッフは「利用できる証拠において、ソープ氏がドーピング違反を示すものはなかった。また、ドーピングに関する組織の専門家は、今回の証拠がソープ氏のドーピング使用を決定付ける証拠にはならないという意見で一致している」と。