ハケット選手、引退

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

10/27:800m自由形・1500m自由形の世界記録保持者グラント・ハケット選手(豪州・28)が、現役引退を表明したとのこと。
ハケット選手は「長い間、競泳をやってきた。今、全てが私の思い出になる」と。
五輪では3個の金メダルを含む7個のメダルを獲得し、世界選手権では18個のメダルを手にした。
現役最後のレースとなった北京五輪の1500メートル自由形の決勝では、2位に終わった。
競泳のグラント・ハケット選手、政界入りに意欲:オーストラリアニュース
ハケット選手はニューズ・リミテッド紙のインタビューの中で、引退後は、金融関係のキャリアを積み、その後に政界入りしたいと考え ていることを明かしたとのこと。
「もちろん、政界の最高幹部に上り詰めたいです。そうすれば、最高のレベルで貢献することができますし、影響力も大きいですから。 僕は熱意にあふれた、意欲的な人間なんです」と。
ハケット選手は2〜3カ月後からウエストパック銀行でプライベート・バンキング分野の仕事を始めることになっている。