SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

フェルプス選手大麻問題:大麻報道後、初めての取材

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「スポーツナビ|フェルプスが反省の弁 国際水連は擁護



2/4:マイケル・フェルプス選手(米国)が、米ボルティモアで報道後初めて取材に応じ「自分の過ちはすべて理解している。この問題と付き合い、成長しなければならない。決して簡単なことではない」と話したとのこと。

フェルプス選手は既に通常の練習を再開している。



 また、国際水連は同日に「フェルプスの行動は不適切だったが、二度と問題は起こさないだろう」と擁護する声明を出したとか。



・「スポーツナビ|フェルプス「愚かだった」=去就については揺れる-米紙



 今後の去就について、フェルプス選手は「プールの中で成し遂げたい目標はまだ持っている。身を引くとしても自分自身で決める。それが今なのか4年後なのか、だれも分からない。しかし、考えて決めなくてはならないことはある」と語ったとのこと。