マドリードオープン第2日目:萩野公介選手200m個人メドレーで好タイム

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

3/12:マドリードオープン(スペイン・マドリード)第2日目。
萩野公介選手は200m個人メドレーで、1:58.07と復帰直後としては好タイムで優勝。200m自由形も1:47.95で制した。

萩野選手は「きのうのレースの刺激に体が反応し、きょうは動きがよかった」と。
200m個人メドレーについて「ことしはアメリカのライアン・ロクテ選手の持つ世界記録や、引退したマイケル・フェルプスさんのレベルの高い記録を目指したい」と。