SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ロンドンへ・埼玉から:/2 競泳・個人メドレー、瀬戸大也選手

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


瀬戸大也選手の紹介記事「ロンドンへ・埼玉から:/2 競泳・個人メドレー、瀬戸大也選手 /埼玉 ◇試合楽しめる強い心 「日本新で代表」目指す--瀬戸大也選手(17)」が掲載されています。

 前向きな思考回路は家庭で育まれた。「家では父に『マイナスの発言はするな』といつも言われてきた」と話す。一美さんも、1カ月で記録を10秒伸ばした小学生の瀬戸選手に「このまま行ったら3カ月で日本記録だね」と励ましていたという。一美さんは「五輪に出たいと言われても、無理だと答えたことはなかった。他の人がやっていることで努力すればできないことはない、と思っていました」と話す。

 毛呂山でのびのび育ったスイマーは、世界との距離感もつかみつつある。ライバルの堀畑裕也選手(21)が世界選手権(11年7月)の四百メートル個人メドレーで銅メダルを獲得した。「堀畑君に勝てば、そのくらいの位置に行ける」。五輪と同じ長水路(50メートルプール)での自己記録は4分13秒09で、堀畑選手の日本記録は4分11秒98。射程距離にある。