SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

ロンドン五輪:フェルプス選手、男子200m自由形出場権を事態

   

[`evernote` not found]
LINEで送る


7/2:マイケル・フェルプス選手がロンドン五輪米国代表選考会で代表に決まった個人5種目のうち、200m自由形の出場を辞退することがわかったとのこと。
指導するボブ・バウマン・コーチが明らかにした。出場はリレーを含め最多で7種目となり、8冠の再現の可能性がなくなった。

フェルプスは米国代表選考会の200m自由形を制したが、同コーチは「選考会の出来を見て、全てで金メダルを取るのは難しいと判断した。(8冠は)一度で十分」と話し、接戦が予想される400メートルリレーを優先する。
100mバタフライと200mバタフライ、200m個人メドレーと400m個人メドレーに出場する。

 


 バウマン・コーチは、五輪では米国が金メダルを目指す400mリレー決勝の翌日に200メートル自由形の予選があり、体力的に問題があると説明。「2人で相談し、きのうの夜に決めた。北京の時と違い、準備が十分ではない」と。