北島、五輪へ「臨戦モード」 プレッシャーもう感じない

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

「北島、五輪へ「臨戦モード」 プレッシャーもう感じない」というインタビュー時期が掲載されています。

北京五輪で勝つには、200メートルなら2分8秒台を目指さなきゃだめ。3月の世界選手権で9秒台を出せる力があることは分かったので、やっぱり8秒台でいきたい。ハンセン(米)が8秒5で泳ぐ可能性があるから7秒台を狙っていかないと。
プレッシャーはもう感じない。自分が試合でいいものを出せていると思ったら、思い切ってやるだけですから。