SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

朴泰桓選手、「今度は1500メートル」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

インターナショナル・スイム・ミート2007(世界競泳2007)(2007/8/21〜24・千葉県国際総合水泳場に向け、日本でのトレーニングに出発した朴泰桓選手が、3月の世界水泳選手権で失敗した(予選落ち)自由形1500メートルでの「名誉回復」を宣言したとのこと。
7/18、仁川空港でインタビューに応じた朴泰桓選手は、「これまで持久力を高めるトレーニングに励んできた。今回は1500メートルでも良い結果があるだろう」と。
今大会では400m自由形と1500m自由形に出場する予定。400mでは豪州のグラント・ハケット選手、1500mではハケット選手とともに世界選手権で優勝したマテウシュ・サウリモビッチ(ポーランド)が出場する。
担当コーチのパク・ソクキ前競泳代表監督は「持久力は大きく向上した。今大会は持久力補完の効果を確認する機会だ」と。
・むむ、インターナショナル・スイム・ミート2007(世界競泳2007)見に行った方がいいのかな〜【チケット発売開始!購入は→決勝予選