SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

朴泰桓選手、コーチングスタッフに‘1億ウォン’謝礼

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

9/10:北京五輪で韓国水泳史上初めて金メダルを獲得した朴泰桓選手(19、檀国大)が、大韓水泳連盟から受ける褒賞金1億ウォン(約1000万円)をコーチングスタッフに贈ることを決めたとのこと。
朴泰桓選手の父パク・インホさんは、「水泳連盟から受ける褒賞金を、五輪メダルを取れるよう力を注いで指導してくれたコーチングスタッフに感謝の気持ちとして伝えることにした」と。
 1億ウォンのうち5000万ウォンはノ・ミンサン監督をはじめとする代表チームのコーチングスタッフに、残り5000万ウォンはスポンサーが結成した担当チームのコーチングスタッフに贈られる。
朴泰桓選手が今回の五輪金メダルで受ける褒賞金は、水泳連盟の支援金1億ウォンを含めて6億ウォン(約6000万円)近くになるとのこと。