朴泰桓(パクテファン)選手、通販番組に出演はメダル褒賞金もらえなかったため?

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

3/23:朴泰桓(パク・テファン)選手(23・檀国大大学院)が、栄養ドリンクの通販番組に出演したことと、大韓水泳連盟からロンドン五輪のメダル褒賞金が支給されていないことが、に報じられたとのこと。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナル・アジア版は、朴泰桓選手が先週、テレビの通販番組に出演し、1時間にわたり健康補助食品を宣伝した。このような番組に出演するのは、広告効果が落ちた有名人が、金が必要になった際に使う手のように映る」と報じた。また「朴泰桓が通販番組に出演して以来、大韓水泳連盟のウェブサイトには、連盟を非難するファンたちの書き込みがあふれている」とした。

 また、「大韓水泳連盟が朴泰桓に対し、今年初めまでに支給するはずだったロンドン五輪銀メダルの褒賞金約5000万ウォン(約420万円)を支給しなかったため、こうした事態が起きた。韓国メディアは、朴泰桓が五輪後に水泳連盟の主催するイベントに出席しなかったため、連盟側との関係が悪化したと推測している」と続けたとか。

 昨年秋にスポンサーのSKテレコムとの契約延長に失敗した上、新たなスポンサーが見つからずに苦労しており、自費で練習費用を賄っていることも紹介したとか。

 

3/25:大韓水泳連盟はこれまで議論された朴泰桓(パク・テファン)選手のオリンピック報奨金未支給を、再検討することにしたとのこと。

大韓水泳連盟は昨年のロンドンオリンピック男子自由型400mと200mで、銀メダルを獲得したパク・テファンに報奨金5000万ウォンを支給する予定だったが、支給しないことに決定して論議を呼でいる。