SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

柴田亜衣選手、北京五輪後に引退を示唆

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

6/29:柴田亜衣選手(チームアリーナ)は「水泳人生最後のレースが(北京)五輪になればいい。どんな結果が出ても北京より後はない」と述べ、来年の北京五輪を最後に引退する意向を明らかにしたとのこと。
世界競泳(千葉)の目標として、女子800m自由形で日本記録を上回る8分20秒の突破を掲げた。
さらに「8分18秒台で泳げたら(五輪で)世界新を目標にしてもいい」と、ジャネット・エバンス(米国)が持つ最古の世界記録8分16秒22に挑む意気込みを示したと。
北京五輪に向けては「まだ代表に決まっていないが(世界新を)出しちゃったらスッキリやめられる。悔いの残らないようにするつもり」と。
なお、世界競泳では400m・800m自由形に出場する予定。