SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

渡部香生子選手等が帰国

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

10/25:競泳W杯(ワールドカップ)ヨーロッパ遠征から渡部香生子選手(14・JSS立石)らが帰国したとのこと。
最終日のベルリン大会200メートル平泳ぎでは2:20.03の短水路中学新で優勝し、「最後にいい形で終われてよかった」と。

ターンが多い短水路は苦手だったが、冨田尚弥選手から効率のよいターンを教わり、ベストを4秒近く更新した。