砂間選手が講演「不登校 親の支え感謝」

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

2/2:2013年全国高校総体競泳男子200m個人メドレーと背泳ぎで優勝した天理高校3年の砂間敬太選手(18)が、不登校を考える集会(天理市教育総合センター)で小中学校時代の不登校体験を語ったとのこと。

「子供がいつか自分の力で立ち上がることができると信じて、親や先生はそばで見守ってあげてほしい」と保護者ら約60人に呼びかけたとか。