SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

競泳デンマーク選手ドーピング、メダル剥奪

   

[`evernote` not found]
LINEで送る

 

6/17:国際水泳連盟は、2012年12月の競泳世界短水路選手権(イスタンブール)で男子1500m自由形を制したマス・グレスナー選手(デンマーク)がドーピング(禁止薬物使用)違反をしたとして、3カ月の出場停止処分を科し、メダルを剥奪したと発表したとのこと。

 世界短水路選手権での検査で、禁止薬物の興奮剤レボメタンフェタミンに陽性反応を示し、400m自由形の銅メダルも剥奪となった。