SWIMMING VIEW

水泳・競泳の最新情報を発信中!

見えてきた「北島の背中」=平泳ぎのホープ立石

   

[`evernote` not found]
LINEで送る



・「時事ドットコム:見えてきた「北島の背中」=平泳ぎのホープ立石-世界水泳



世界水泳選手権2009ローマ大会」(イタリア・7/18〜8/2)日本代表の立石諒選手の紹介記事「見えてきた「北島の背中」=平泳ぎのホープ立石-」が掲載されています。



 今年から使っていたラバー水着が国際水連の認可外となった。微妙な感覚の違いがフォームの崩れにつながりやすい平泳ぎ。だが、立石は「水着はほとんど気にしていません」。認可水着で泳いだ6月のジャパンオープンでは100、200メートルとも、ライバルの末永雄太(チームアリーナ)に圧勝してみせた。

 世界選手権を前に、初めて高地合宿に参加してレベルアップを図っている。休養中の北島も「記録を破られるのが楽しみ。僕にやる気を戻してくれれば」と期待する逸材。ローマを「北島超え」の舞台にできるか。